楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

問答について

昨夜、西川研究室の院生の皆さんと問答について語り合いました。今まで折に触れて行ってきた問答ですが、個人的には自分が伝えたいことを生徒たちにより深く伝えるためには欠かせない印象をもっています。そして生徒たちからの質問に答えることで、自分の足りない部分に気づくこともできます。何より、生徒に話しているようで、実は私自身に言い聞かせている感じもします。

結局のところ、生徒たちの質問を通して私自身を観ている感覚です。まとまりのない感じになってしまいましたが、問答は私自身を振り返る機会にもなっているのだなぁと気づくことができました。今後は、生徒たちの価値観の変化も考えながら問答をしていきたいと思います。