楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

子どもたちの姿から学ぶ

先日の『学び合い』登米・栗原・南三陸の会での話を、生徒たちに伝えてみました。特に強調したのは「ギラついた大人×子どもたち」の話です。出会う大人の幅が広がれば、その分、子どもたちの世界観も広がります。一方、そんな大人たちの姿に刺激を受けて、予想もしない方向に動き出す子どもたちの姿から、大人たちが学ぶこともたくさんあるはずです。このかけ算というか、化学反応が起きれば、将来は少しずつ明るくなっていくような気がします。

そういえば『学び合い』の会って「子どもに学ぶ教師の会っていう名前で主催するといいよ」的なことが色々な書籍で書いてあった気がします。教師だけでなく、たくさんの大人たちが子どもの姿から学んでいく会を目指していきたいです。