楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

お金の教育には色々な形がある

最近、お金の教育には色々な形があるなぁと感じています。授業で少しだけ説明することもあるのですが、日々の生活の中で色々なことを聞かれたりします。

「先生ってこれだけはケチらないと決めているお金の使い方ってあります?」「かっこいい車が欲しいんですが、やはりお金かかりますか?」「将来的に家は欲しいのですが、家の価値って実際どんな感じなんですか?」「投資って怖いですか?」

これらの質問に答えていると、結構納得してくれたり、さらに深く質問してくる生徒も多いです。質問によっては「こんな本もオススメだよ!」というふうに、教室に書籍を置くこともあります。YouTubeをすすめることも多いですね。

なによりお金について生徒たちに話すようになってから気がついたのは、お金の教育に興味をもっている生徒は思いのほか多い、ということです。自分が高校生のときは、全く気にしていませんでした(笑)。高校生のうちからここまでマネーリテラシーを高める努力をしている生徒たち、素直に尊敬します。お金の教育、これからも続けていきます。