楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

【終了報告】Book Talk「辛い時に読んだ本」

本日は「辛い時に読んだ本」をテーマとするBook Talkを開催。参加された皆さんそれぞれが辛かった時に読んだ本をシェアしあいました。仕事をして辛かった時,プライベートで辛かった時。そんな時に心の支えとなった本の紹介は,心に響くものがありました。ご紹介いただいた本は,以下の参加された皆さんからのリフレクションと共にシェアさせていただきます。平日の夜にも関わらず貴重な時間を割いて参加してくださった皆さん,本当にありがとうございました!

⚫︎本日のリフレクション

・互いのつらかった頃を共有できて、心が少し軽くなった気がします。

・辛い時に読んだというよりも、本を読んで勇気付けられたと言った方が近いかもと話をしている間に思うようになった。また辛い時はすぐには本を取らないかなとも思った。

・つらい時に本を欲する人、音楽を聞く人、睡眠をとる人、話す人…もちろんですが、いろいろな対処の仕方があるなあと思いました。どれがベストとかではないので、いろいろと試しながら生きていることを認知しました。私はどちらかといえば、つらい時や悩んでいるときは視野狭窄になっているので、それを拡げるために読書だったり、人と話したりしているなあと思います。

・あまりに辛すぎる時は、本が読めない、という事実に気づいた。わりと大きな発見。で、音楽などで浮上してくると、淡々と、辞書や百科事典を読む。

・個別最適化されてしまう時代において、自分が今まで興味を持てていなかったジャンルの本の話ができるコミュニティーって大切だなと改めて思いました。辛いときは、物語ではなく百科事典を淡々と読むという話が印象的でした。

・色々な本が出てくるなって思いました。確かに、漫画もありだし音楽を聴くのもいいし、ぼーっとしてることもありだなって思いました。

・色々な人の本の紹介は、その人の価値観を表現してくれるものだとよくわかりました。辛いときに本は読まないけれど、でも、今まで読んだ本の内容で救われたこともある・・・。確かにそういう視点もあるなぁと思いました。

・自分の本の選び方は処方箋的な読み方をしていることに気がつきました。働き方や学級経営など、自分の困り感に対して具体を得られる本がそのときの助けとなっていました。みなさんの大事にされている本や選書の方法などが聞けて楽しかったです。

・今日は短い時間の参加で残念でした。お題に対するみなさんのおすすめ本を聞きたかったなと。 AI(Copilot)に聞いたところなぜか、次の3点をお勧めされました。 1.『ハリー・ポッターと賢者の石』:魔法の世界に没入できる素敵な冒険。主人公の成長と友情が心に響きます。 2.『星の王子さま』:哲学的な寓話で、大人になっても忘れてはいけない大切なことを教えてくれます。 3.『ノルウェイの森』:青春と愛の物語。切なくも美しい文章が心に残ります。 とのことです。 うーん、web界隈(デジタル空間)では、辛い時に読む本としてこれらを読む人が多かったかなと!? さて心の”揺らぎを”、参加者同士お互いに共有するには自意識を超えなくてはならず、ハードルが高いか!?と思いつつ、沢山気づきがありそうです。不定期で”○○の時に読む本シリーズ”のBookTalkがあると良いですね。ありがとうございました。

⚫︎参加された皆さんが辛かった時に読んだ本

・嫌われる 幸せになる勇気のマインドセット^^

・さだ語録、さだの辞書、さだまさし解体新書、「提案する社会科」の授業1~3巻

・後悔しない生き方 人生をより豊かで有意義なものにする30の方法マーク・マチニック

・柳田邦男、気づきの力、新潮文庫

・夢をかなえるゾウシリーズ(水野敬也) ・教師がブラック残業から賢く身を守る方法(西川純) ・あなたの人生がつまらないと思うんならそれはあなた自身がつまらなくしているんだぜ(ひすいこたろう) ・幸福のヒント(鴻上尚史

・「風に立つライオン」(さだまさしさんの曲、たしか本も出ています)

・「雨の日も、晴れ男」水野敬也

論語荘子孟子老子韓非子等(中国古典)、反応しない練習

・「何のために」中村文昭   「明日死ぬかもよ」ひすいこたろう  「あなたの夢は何ですか 私の夢は大人になるまで生きる事」 池間哲郎 「 夢をかなえるゾウ(シリーズ)」水野敬也 「生き方」稲盛和夫

・「できる人は1週間を168時間で考えている」本間正人著

・聖書もしくは『69sixty nine』(村上龍)です。

f:id:aytksh:20240529220236j:image

f:id:aytksh:20240529220239j:image