楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

次世代のエリート

竹村詠美さんの著書「新・エリート教育」を読みました。世界が求めているエリートとは、そしてエリートに求められる資質をどう育てていけば良いのかが、世界中の学校の事例をもとに示されています。

失敗してもOKな環境下で、仲間たちと共にあらゆることにチャレンジすることを通して、自らの思考の枠組みを広げることこそ、新・エリートにつながる道なのだということを学ぶことができました。まさに、今自分が「こんな高校生増えたら面白いだろうなあ!」と感じている資質そのものだったので、めちゃくちゃ頷きながら読み進めていました。

世界には米国のハイテックハイをはじめとした、魅力的な取り組みがなされる学校がたくさんあります。そして日本にも、青翔開智中学校・高等学校、広尾学園、そしてN高など、次世代のイノベーターを育成するプログラムが組まれている学校が増えているそうです。どの学校も、自身の「強み」を最大限に生かしているように感じました。そして特に印象的なのが外部との連携です。魅力的な学校は学校内にとどまらず、たくさんの企業や地域の方々と連携を取っています。社会の素敵な大人たちとたくさん関わる経験を経て、生徒たちの行動も変化していくように感じました。

あらゆるチャレンジを通して自らの思考の枠組みを広げ、ワクワクする方向に進み続ける姿勢こそ、次世代のリーダーに求められるマインドセットなのかもしれませんね。世界的に求められているエリートの資質について知ることができた一冊でした。

f:id:aytksh:20240609103442j:image