楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

Most Likely To Succeed

Vimeoで「Most Likely To Succeed」を購入し、視聴しました。PBLで注目される米国の公立校「High Tech High」の取り組みに迫ったドキュメンタリー映画です。入学後、今まで受けてきた教育との違いに戸惑いつつも、徐々にプロジェクトに向けてチームで自走していく子どもたちの姿に、何度も鳥肌が立ちました。

特に驚いたのは、生徒たちの成果物のクオリティの高さです。課題に対する自分なりの考えをまとめるだけでなく、それをアートで表現するというとんでもなくハイレベルなプロジェクト。しかし、子どもたちはチームの力でそれらを乗り越えていきます。何よりこのプロジェクト、最終的には大勢の方が見学にくる「一般展示会」を目標にしています。中にはプロの方もいらっしゃるらしいのですが、子どもたちの成果物に驚きを隠せない方もいました。

しかし、新しい時代に対応するためにガラッと一新した教育システムに、子どもたちのみならず、不安を抱える保護者もいるようです。

「この教育で大学入試に対応できるのか?」

「宿題はなくても大丈夫なのか?」

などの不安を抱える保護者に、本校の取り組みを説明する教員たち。まだHigh Tech Highがスタートしてから日も浅く、教員側も「本当にこのままで大丈夫なのだろうか?」と不安になる気持ちも垣間見えました。そう言った意味でも、一般展示会に来てくれた方々からのフィードバックから、生徒たちだけでなく教員も少しずつ自信を付けていくのだと思いました。

藤原さとさんの著書、そして竹村詠美さんの著書から、このHigh Tech Highの取り組みを知ったのですが、まさに「百聞は一見にしかず」だなぁと。実際の子どもたちの姿から「あぁ…子どもたちって、こんなに楽しそうに探究するんだなぁ」としみじみ感じました。本当に視聴して良かったです。何度も見直していきたいと思います。

https://vimeo.com/ondemand/mostlikelytosucceed