楽級通信ぷらす

大事な事からそうでもない事まで毎日呟いていきます。

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

いい本とは

「いい本とは、行動を変えてくれる本!」 Audibleで「幸福の達人」を聴いて印象に残った一言。朝早起きな人、歯のメンテナンスを欠かさない人、適度な運動を欠かさない人など、幸福度と正の相関がある行動について、数多くのエビデンスをもとに示された一冊…

宣言

同僚の先生から「早坂先生って、やることをみんなの前で宣言して自分を追い込んでいくスタイルらしいですね」と言われました。生徒たちから聞いたようです。そこでハッとしました。今やりたいことを宣言していなかった、と。ということで、宣言して追い込ん…

十角館の殺人

「十角館の殺人」を読みました。アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」に似てるのかなぁと勝手にイメージしながら読み始めましたが、本当にそんな感じでした(笑)。しかし驚いたのは、似た状況にも関わらず、オリジナリティを感じる展開だったこ…

一緒に学んでいきたいと思います

「FP3級に向けて勉強しますので、わからないところあったら教えてください!」 本日、ある生徒からこんな要望が。「受けたい!」は何名かいましたが「受けます!」は初めてかもしれません。FP3級はCBT試験に完全移行したので、受験もしやすいはずです。 ちょ…

【終了報告】Book Talk「辛い時に読んだ本」

本日は「辛い時に読んだ本」をテーマとするBook Talkを開催。参加された皆さんそれぞれが辛かった時に読んだ本をシェアしあいました。仕事をして辛かった時,プライベートで辛かった時。そんな時に心の支えとなった本の紹介は,心に響くものがありました。ご…

3年経ちました

SNSでの発信を始めてから、3年が経ちました。最初は「毎日投稿って、そんなに意味があることなのかな?」「SNSやったことないし、何かあったら怖いし…」という疑問と不安ばかりの状態でスタートしました。3年が経過し、その威力を感じ始めています。 最大の…

お金の教育には色々な形がある

最近、お金の教育には色々な形があるなぁと感じています。授業で少しだけ説明することもあるのですが、日々の生活の中で色々なことを聞かれたりします。 「先生ってこれだけはケチらないと決めているお金の使い方ってあります?」「かっこいい車が欲しいんで…

自分と向き合い続けるために

めちゃくちゃ楽しみにしていた「君と宇宙を歩くために」2巻、読みました!今回もめっちゃよかった!心に残る内容てんこ盛りです。 「ずっと自分と向き合い続けるって、きっととても大変なんだから」 今回は井ノ上先生のこの言葉が個人的にめちゃくちゃ響き…

発信することで得られるもの

同僚の先生から「この前の研修で取り上げられていたこの本、結構面白いですよ!」と探究関連の本を紹介してもらいました。内容を見せてもらうと、確かに興味深いです。表紙だけ見ると、自分では絶対に買わないタイプの本でした(笑)。紹介していただけたか…

子どもたちの姿から学ぶ

先日の『学び合い』登米・栗原・南三陸の会での話を、生徒たちに伝えてみました。特に強調したのは「ギラついた大人×子どもたち」の話です。出会う大人の幅が広がれば、その分、子どもたちの世界観も広がります。一方、そんな大人たちの姿に刺激を受けて、予…

生徒と一緒にワクワクを追い続ける

「探究する学びデザイン」を読みました。総合的な探究の時間だけでなく、各教科でも探究的な学びを実現している事例が紹介されています。教師が生徒たちとともに学び、その過程を楽しむ「伴走者」となることで、生徒たちだけでなく教師集団も学び、成長する…

コミュニティの影響

今朝のマネラボ定例会にて、コミュニティの大切さについての話題になりました。私自身「◯◯さんがやってるなら、私も投資してみようかな」という感じで、そのコミュニティに属している方々の影響で一歩踏み出せるようになったことが多々あります。自分の中で…

豊かな浪費

今日は生徒たちに豊かな浪費について語りました。個人的な使い道としては、旅行です。宿泊予約をすると、行くまでのワクワクがあります。そして宿泊後は「あの宿に泊まって本当に良かった」という思い出を妻と共有できます。そういう意味で、私にとって豊か…

反省点のフィードバック

先日指導主事の先生に授業を見ていただいた後の合評会で、生徒たちの資料を作成する力、プレゼン能力、そして他の子たちへの細かな配慮が素晴らしい、というお話をいただきました。で、それを受けて翌日のホームルームにて、生徒たちに 「昨日の授業で皆さん…

学びのめがね

「探究的な学びのデザイン」を読んでいます。その中で、探究活動を通して「学びのめがね」を得たという生徒の話が掲載されていました。 「なぜ戦争はなくならないのか?」「なぜ飛行機のCAさんは女性が多いのか?」「本当の幸せってなんだろう?」 そんな身…

【終了報告】Book Talk「司書の先生とのブックトーク」

本日は「司書の先生とのブックトーク」をテーマとするBook Talkを開催。千葉県の公立高校の司書として勤務されている鈴木朝枝先生から話題提供いただきました。様々な経歴を経て今の司書としての「面白そう!」に全力で取り組む鈴木先生の姿から刺激を受けま…

本当に頑張ってくれました

本日、長期研修担当の指導主事の先生に授業を見ていただきました。生徒たちには前もって伝えていたものの、やはり緊張していた様子(私が緊張していたからかもしれません笑)。それでも、いつも以上に張り切っているのが伝わってきました。 授業は3年生の数…

ワクワクは伝染する

1年生の数学の授業の因数分解の応用で、練習問題の解答を生徒たちに黒板に書いてもらっていました(「解答書いてくれると助かるなー!」と言ったら、みんなめちゃくちゃ喜んで書き始めてくれました!感謝!)。すると、あるポイントで躓き「あれ?」「どうや…

研究構想案発表

今日は総合的な探究の時間の長期研修にて、研究構想案発表の日でした。たくさんご意見をいただくうちに、自分では気づけなかった改善点がかなり多いことに気がつきました。担当の指導主事の先生から紹介いただく書籍も興味深いものが多く、今までになかった…

長期保有は思いのほか難しい!

前々から気になっていた「世界一やさしい新NISAの始め方」を読みました。生徒たちにすすめる上で、どんな内容か把握するために読んでみました。実際読んでみると、新NISAの具体的な始め方にとどまらず、年代別の戦略、そして高配当株の説明まで示されていて…

コミュニティの影響

今朝のマイチャレにて「このコミュニティは走る人が本当に多い!」という話題になりました。マイチャレは今期からの参加でしたが、考えてみるとマネラボも走る人が多いです。それ以外のコミュニティでもランニングを趣味にしている人と繋がっていることもあ…

ギラついた大人を目指して

今日は『学び合い』登米・栗原・南三陸の会を開催。登米市でまちづくり企業「縁屋(えにしや)」代表の志田敏典さんに話題提供いただきました。ワクワクすることにチャレンジし続けるギラついた大人たちと子どもたちとのかけ算で、新しい化学反応を起こす場…

何気に探していた一冊

生徒たちにすすめてはいたものの、まだ私自身読んだことのなかった「世界一やさしい新NISAの始め方」を書店で発見!久しぶりに新NISA本で勉強させていただきます😊

宣言することの威力

今朝、二川佳祐先生のvoicyを聴き、ちょうど一年前にマネラボで簿記3級を取りたいと二川先生に話したのを思い出しました。その時「いつとりますか?」と聞かれ、その流れで受験日を決めました。宣言したことで、不思議と試験までのプランを本気で考えるよう…

アンテナを張ると見えてくる

クラスを眺めていて、何気ない変化が色々起きていることに気がつきました。「今日はこの子がプリント持ってきてくれたなぁ」「今日の教室の施錠係はこの子か」「iPadを全員分保管庫にしまうよう声がけしてくれてる!」「教卓周りのプリント類がめちゃくちゃ…

【終了報告】Book Cafe「校長の力」

昨夜は工藤勇一先生の著書「校長の力」を参考図書とするBook Cafeを開催。いつも来てくださるメンバーの皆さんだけでなく,初参加の方もたくさん来てくださいました!ブレイクアウトルームに分かれての対話では,工藤先生のリーダーシップ,麹町中学校と横浜…

子どもを変えるなら大人から

「子どもの行動を変えたいと思うなら、唯一確実な方法は、まず大人の行動を変えることだ。」 「子どもは罰から学ばない」のあとがきの一文です。本書から私が一番学ばせてもらった点を、端的に示してくれています。 罰に頼らない指導のアイディアがたくさん…

キャッシュレスを考える時間

昨日全校で楽天モバイルパークへ行き、完全キャッシュレスの球場を体験してきたということで、キャッシュレスのメリット・デメリットについて生徒たちに考えてもらいました。5つのグループに分かれて話し合い、グループごとに考えたことを黒板に書き出しても…

楽天観戦プログラム

今日は楽天観戦プログラムの日。全校生徒で楽天対ソフトバンクの試合を観戦しました。生徒から「全校で出かけるの、初めてですね!」と言われ、そういえば私自身も、全校で出かける行事を経験するのは今回が初めてだったことに気がつきました。 完全キャッシ…

早起きの目的

「先生!早起きできる気がしません!」 クラスで私が毎日4時30分起きをしていることを話したら、ある生徒からこんな感想が。私も数年前まで早起きはできる方ではありませんでした。なんなら今でも起きるのは辛いです(笑)。 ではなぜ起きることができている…